クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

【クレジットカードのキャッシング枠】総量規制で審査が通りにくいアルバイト・非常勤にオススメ

waku

      2016/09/05

キャッシング枠を申し込む際には総量規制の関係上収入証明書が必要

クレジットカードのキャッシング枠に関しては総量規制規制の対象になる為、申込の際には収入証明書が必要になります。そこで借入の申込をする前に、収入を証明する書類を用意する事が不可欠です。

もし他の消費者金融で数件借入がある場合は、年収次第で審査に通らない可能性もあります。そこで他の消費者金融を完済してから改めてカードの申込をする方が、審査に通る確率は高くなります。

ただし年収がかなりある場合は借入があっても審査に通りやすい事から、完済前にも申込する事ができます。それでも延滞があると融資不可になるリスクが生じますので、遅れの無い状態を維持する事が求められます。

アルバイト・非常勤でも審査に通る

アルバイトや非常勤の仕事をしている人でも、急に現金に必要になった場合、キャッシングやカードローンを利用したいと考えることがあります。しかし、ある一定以上の収入がないと利用できないのではないかと考える人が多いです。

定収入があれば問題なく融資を受けられることが多いです。収入が一定以上の額があるかどうかと言うよりも、間違いなく返済を行ってくるのかどうかを重視しています。

そのために、たとえ収入が一定以上ある正社員であっても、過去に返済が滞ったことがある人や、他社に借り入れを行っている人は利用できない場合があります。

アルバイト・フリーター主婦でもカード発行可能

主婦、フリーター、アルバイト、パートの方のような正規社員ではない方で、クレジットカードをもちたい人に評判が高いです。このカードの審査やカード発行については、上記のような正規社員として働いていない方でも発行可能としています。

非正規社員のような正規社員ではない人からは、カード会社がいやがるのではないかという心配をよく耳にします。しかし、ここは消費者ローンのビジネスをながくやってきた会社としての、与信に関連する独自の蓄積が有るかきちんと審査をしています。安心して申し込みできます。

20代だからと言って信用は変わらない

クレジットカードは便利なものです。そして、持つことによってステータスを感じるものでもあります。また、様々な優待やポイントなど、お得な特典が魅力的です。

まず、カードを申し込む際には、勤務先や勤続年数、収入など自分が支払い能力があることを示す情報が必要になります。これらの情報から申し込み者の信用性を判断するのです。しかし、これは勤続年数が少ないからといって審査が通らないというような単純なものではありません。ですから、20代だから通らないということはないのです。若くても信用は変わりませんので、自信を持って申し込みをすればよいのです。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top