クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

クレジットカード申し込みの際、年収はいくらと書くべき?学生・フリーター・主婦がクレジットカードの審査を通過する方法

jyosei

      2016/09/05

クレジットカード審査で年収の欄はあまり重視して見られてはいない

クレジットカード会社が審査する時に見ている箇所はまずはきちんと収入があるかどうかですが、実は年収はあまり重視されていません。重要なのは返済能力と居住所の明確さです。返済能力については過去の使用歴や返済履歴がチェックされ、過去に返済の滞りがあるとカード発行が拒否されます。居住所はカード利用者の信用を担保するのに重要な要素で、居住期間が見られます。またシェアハウスやホテルなどに長期滞在している場合は、カードが発行されないことが多いようです。

どうしてもカードを作りたい方必見、一定の収入があれば学生やアルバイト・主婦でも申し込みが可能です。

学生・アルバイトでもクレジットカードの審査は通過できます

アルバイトやパート勤めの人がクレジットカードを作る場合、一般的に銀行系や信販系のカード会社ではカード作成が厳しく、流通系のカード会社のほうが作りやすいという傾向があります。基準はカード会社によって違いますので、申し込み前に電話で問い合わせてみるなど、自分が通りやすい基準の会社を選ぶことも必要です。

学生の場合は親権者の経済状況によって返済能力が判断されますので、親が安定した職に就いていることが条件となり、勤務先や収入、家族構成などが基準とされます。もちろん親がカード作成に同意していることも必須です。また本人が継続収入を得ている場合はその情報も審査に対して有利に働きます。

アルバイト・フリーター主婦でもカード発行可能なカードがおすすめ

主婦、フリーター、アルバイト、パートの方のような正規社員ではない方で、クレジットカードをもちたい人にとても評判が高いです。このカードの審査やカード発行については、上記のような正規社員として働いていない方でも発行可能としています。

非正規社員のような正規社員ではない人からは、カード会社がいやがるのではないかという心配をよく耳にします。しかし、ここは消費者ローンのビジネスをながくやってきた会社としての、与信に関連する独自の蓄積が有るかきちんと審査をしています。安心して申し込みできます。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top