クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

クレジットカードの審査基準と、審査落ちで再申し込みする場合の注意点

chui

      2016/02/10

クレジットカードの審査落ちを防ぐための基準は何なのかというと、基本的に3つの要素があります。1つ目は安定した収入、2つ目は返済能力、3つ目は明確な居住場所です。

大まかにいって基本カード会社は、この3つを重視して判断しているとされています。

さらにより細かな個人の情報を調べてその人の信用レベルをはかり、カードを発行するかを決めています。そして重要である経済状況を把握するために、個人信用情報センターという中立機関に照会を行います。そのときに履歴が6ヶ月間センターに残るため、短期間に複数のカードを立て続けに申し込むと申請が通らないこともあります。

実際にクレジットカード審査において気をつける点とは?

クレジットカードを取得するには、カード発行の資格をクリアしていることが第一条件です。カードによっては、年齢、年収、定収入があること等指定しています。次に申し込み書の記入は正確に正直に書く必要があります。収入額やローン状況のごまかしは、カード会社が把握してる信用情報によって嘘をついていることがバレてしまうからです。カード会社にとっては、信用できるかどうかの判定が重要なので、携帯電話や、住宅ローン等の支払いを遅延させないことも大事です。

また、申込時には、数種類のカード会社に短期間の間に申し込むことは避けて下さい。お金に困ってカード発行の申し込みをしていると疑われ審査ブラックとなり、審査落ちの原因になってしまいます。

審査に落ちた人が再度申込みをしてクレジットカードを手に入れるのはやはり難しい?

ですから、クレジットカードで審査落ちをしてしまったという場合には、一度時期を置いてから再度申し込めるようにすることが有効です。通常は与信がどのようになっているのかといった情報は数年間保管されたのち廃棄されていくことになります。しばらく経った後ならば落ちてしまった会社でも問題なく契約できるようになる可能性が上がるということです。

現在の収入や職業といったものも大きく影響します。家庭環境の変化や転職をするといったように取り巻く環境の変化があるときにはそれに合わせて申し込みなおすといったことも効果的です。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top