クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、考えられる原因は3つある。

① 勤務形態によって、審査落ちしてしまうケース

派遣社員、パート・アルバイト勤務であるか、勤続年数1年未満の正社員もしくは専業主婦の方で、安定した収入源をもっているとは言えない場合や、学生・専門学校生もこの基準に引っかかることがある。

② 年収・給与状況が、一定の基準を下回っているケース

現在の年収が300万円以下である場合。事業主の方で、収入源が不安定な場合もカード会社側で審査で落とされがちなのが実情。

③ 現状、金融機関からの信用が無いケース

今までにクレジットカードを持っていない、または使ったことがない。過去に支払いの延滞実績があることにより、金融機関からの信用がない場合など。

あなたは、これら3つのいずれかに該当してはおりませんか?
もし、心当たりがある場合、それが故に申し込んだクレジットカードの審査が通過しなかったものと思われます。
クレジットカードの利用歴が浅いことで信用がついていない、年収が300万円以下など、クレジットカード申請者が毎月の支払いを問題なくできるという確証が持てないない場合には、クレジットカードの審査は通りにくくなります。

クレジットカードの審査とは、CICやJICCといった信用機関のデータベース上にあるカード利用歴や延滞履歴を参照するほか、申込者の収入状況から支払い能力を判断するものであり、一律の審査基準とカード会社独自の基準の2つで判断されるものです。

CICの信用情報開示報告書で確認可能な、支払い履歴情報

審査が不安なあなたが、クレジットカードを持てる方法をお探しなら…

上記三点の審査に通りにくい条件に当てはまるが、

  • どうしてもクレジットカードが欲しい
  • なかなかクレジットカードの審査に通らず困っている

という方には、ACマスターカードがおすすめです。

なぜなら、ACマスターカードは、フリーター・派遣社員・主婦の方々でも20歳以上で安定した収入があれば利用可能。しかも、学生でアルバイト勤務など収入が安定しない場合でも、一定ラインを超える給与をもらっていれば、審査に通る確率が高い大変便利なクレジットカード。

ACマスターカードでクレジットカード使用歴(クレジットヒストリー)をつけ金融機関からの信用を得る事で、やがて、その他のクレジットカードの審査にも通りやすくなるので、例えばゴールドカードや、ポイント還元率が非常に高いプラチナカード等の審査も有利になります。

VISAやマスターカード、それからJCBの審査が通らずお悩みの方は、三菱UFJグループのアコムが提供している、ACマスターカードでクレジット使用歴をつけてから、他のクレジットカードの申し込みに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ACマスターカード
(審査最短30分・本日クレカ受取り可)

  • 審査時間は最短30分!
  • 本日中に発行完了。今日クレカを使用可
  • 平日の仕事帰り、土日祝日もカード発行可能
  • フリーターや派遣社員、主婦など正社員以外も申込可能
実質年率 限度額 審査
4.7%~18.0% 最大500万円 最短30分



最短30分で審査結果が分かる。
【年会費無料】本日中にクレカ発行。

クレジットカードの審査が不安な方へ

なお、残念ながら、6ヶ月以内にクレジットカードの審査に落ちたことがある場合、基本的に審査には通ることはありません。といいますのも、「信用情報機関」によって、あなたの審査情報が各クレジットカード会社に伝わっているからです。

もし、最近クレジットカードの申込みをして、審査落ちしてしまったという場合には、審査基準や、信用情報機関が異なるACマスターカードのお申し込みをしてみる事をおススメします。審査は即日最短で30分で完了、しかも年会費は無料。スマホからも申し込めて、早ければ今日中にクレジットカードが使えるようになります。

アルバイトや派遣社員、主婦で収入が安定していない方の場合でも、それが理由で落ちることはありません。

一度、クレジットカードの審査落ちしてしまった場合はどうすればいい?

クレジットカード審査に一度落ちてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?例えば旅行などのためにクレカを持ちたかったが、グレードの高いクレジットカードにいきなり申し込んでしまったり、学生・フリーター・主婦・パート・定年退職済み等で審査が不安な場合はどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカード審査に落ちてしまう理由は?

審査に落ちる理由には色々あります。クレジットカードの審査落ちされてしまう事例として、光熱費・電話料金等の延滞・未払い・滞納、収入状況や、短期間での複数社でのカード発行申請が上げられます。

もし、クレジットカード審査に受からないという事が3回程続いたら、お申し込みに少しまを空けるのも1つの手かもしれません。また、もう1つの方法と致しましては、ACマスターカードに申込むというのも1つの手段です。

信用をコツコツと積む

即日発行・審査基準も、他のクレジットカードと異なりますので、急なクレカの必要性が発生した場合も取得可能です。最初のクレジットカードとしても、おすすめで、審査基準が高過ぎ無いものからはじめて、少しずつグレードの高いカードをお申し込みして行く事で、審査落ちする事無く、大きな枠のカードを取得できます。

クレジットカード審査には裏ワザのようなものはありませんので、最初はグレードの低いカードをもって、少しずつ信用を付けてグレードアップして行く事をおススメ致します。

ご自身の信用には細心の注意を。しっかりとした収入と、支払い履歴がやっぱり大事

※ ご自身の信用情報は、こうして記録されています。

延滞履歴・延滞機関にはご注意ください。延滞状況・審査落ち状況は全て信用機関に記録が残ると言われています。審査に落ちてしまった場合には、その理由を明確に知る事は出来ませんし、連絡をもらう事も出来ないものですから、本当にご注意ください。

連続して落ちてしまった場合には、しばらくクレジットカードの申込みをせず、支払いをしっかりやって信用回復させる事をおススメ致します。一般的に、フリーター・契約社員であっても、収入を確保していて、カード請求額の支払い能力があると判断されれば、カード発行してもらえます。

※ クレジットカードを申し込むと、勤務先に在籍確認の電話が行く事があります。

クレジットカードを発行するという事は、その人の信用でもって、一時的にカード会社がお金をたてかえるということですから、カード会社としてもちゃんと収入元はあるのかと言った事は確証を持てない事には始められません。勤務先、勤続年数、ローンの状況等は、一般的なクレジットカード会社ですと、キッチリ調べる項目です。

また、お申し込みの際に、少しでも有利な条件でカードを取得しようと、虚偽の情報を記載するのは絶対に辞めましょう。

クレジットカードの申込みにあたっては、信用機関を通じているため、延滞履歴をお持ちの場合ですと、審査落ちの可能性は高まります。審査落ちの際にも、明確に審査落ちの理由を示される事は無く、審査機関も場合によってまちまちです。

クレジットカードの申込み・審査における、注意点

「審査に通りやすいクレジットカードってドコですか?」
「審査に落ちてしまっても作れるカードってありますか?」

この様に質問されている方が多々いらっしゃいますが一概に「はい、ありますよ」とは言えないのが実際の所です。

各カード会社は、申し込み者の過去の銀行・又は信販会社におけるローンやクレジットの利用履歴(クレヒス)や返済情報(ブラックリスト・破産信用情報)などからトータル的に判断してカードが発行できるかを決めています。

なので申し込み者の情報がわからない者としては、質問の回答などに「必ず持てますよ!」という判断はできないのです。

ですから受けるクレジット会社の審査のポイント等をしっかりと把握して申し込みをするのが一番最善な策と言えます。

その点はそれらの情報がわかりやすく載っているのでオススメです。

クレジットカード申し込みの際に気をつけたいポイント

クレジットカード審査を受ける際に最も気をつけるポイントは「各カード会社が記載を求める申し込み情報」をWEB等で、できる限り入力するということです。
クレジットカードの申し込みでは下記の情報を記載します。

  • 氏名
  • 現住所
  • 電話番号(固定又は携帯電話)
  • 勤務先の会社名
  • 勤続年数
  • 職種
  • 役職
  • 年収
  • 居住年数
  • 居住形態(持ち家・賃貸など)

上記項目を記入する際は嘘や偽りなく記入することが重要です。
他社からの借り入れがあるのに「他社からの借り入れ無し」などにしてしまうとクレジットカード会社が照会を行った時、虚偽だということがバレてしまいます、こうなると審査のときにマイナス評価の対象となるので気をつけてください。

他にも多少の上増しをする方もいますが、年収390万円を「年収400万円」と記入してしまう・居住年数を2年10ヶ月のところを「3年」とするというものには、問題はありませんのでその様に気記入してしまっても、ご安心ください。

また、年収の記入に関してはクレジットカード申し込みの際、年収はいくらと書くべき?でも説明しているのでこちらもどうぞ。

クレジットカードの審査をする際には上記の内容を気にして下さい。

また半年未満の短期間で何度も申し込みを行ったりするのはマイナスの評価に繋がるのでおやめ下さい。審査落ちの後に申し込みするをするのはタイミングが大事です。

フリーターやアルバイトでもクレジットカードは持てるのか?

クレジットカード フリーター

よくフリーターやアルバイトはクレジットカードを作れないという話を聞きます。よく耳にするのが収入が少ないからというものですがこれは違います、本当の所は収入が安定していないからというものが実際の見解です。

なので時給がとても高いフリーターの方がいて月給が50万円を超えていても正社員で月給が24万円の方の審査が通りやすいのです。
「なんで収入が多いのに何でフリーターの方がカードを作りにくいんだ!」と思う方も、いらっしゃるとは思いますが、やはり安定した収入というものはそれほどに大事だということです。

「じゃあフリーターはクレジットカードを作れないの?」と思う方もいらっしゃるとは思いますがそれも違います。最近は契約社員やフリーターの方が増加の傾向にあるのでカード会社もフリーターや契約社員だからといってカードを作らないなんて事はしません、今は限度額の低いカードや年会費無料のカードなど色々ありますのでフリーターや契約社員はたまたアルバイトの方までクレジットカードを持つことは可能です。

自分の収支に見合ったカードを探すことができますね。

また、収入や勤続年数が少なく不安な方は、こちらも参考にして下さい。
【アルバイト・フリーターのクレジットカード申し込み審査】

家族や親戚の経済状態でカードが作れないって本当?

クレジットカード 自己破産

家族や親戚などの経済状態でカードが作れないのは本当なのでしょうか?
実際は、「家族以外の親戚が影響することはなく同居していなければ無関係である」というのがカード審査の仕組みになっています。例としましては

「家族の中に、自己破産をした人がいるのですが、私自身は1人暮らしをしています。この場合クレジットカードの審査には影響がでるのでしょうか?」

こちらに関しましては家族の方が自己破産をしていますが、同居の関係には当たらないので問題はありません。この他にも「夫が自己破産していて妻である私が申し込みをした場合、クレジット審査に影響はありますか?」などの場合は同居の関係に当たるので審査に影響が出るといえます。

では、何故家族内に自己破産した人がいると影響が出るのかを解説したいと思います。

自己破産をした人が身内にいてその同居人がクレジットカードを作る際にカード会社が考えるのは「この家族は旦那さんが生活費で苦労していて、まだ個人的に金銭的な問題の無い身内にカードを作らせているのだろう」と推測します。

そして、その推測から発展して「実際カードを使うのは旦那さんなんではないか?」となってきます。そうなると名義貸しが疑われてしまいますし、カード会社が一番避けたいのはローン回収ができないことなので自己破産をした人が身内にいる場合カードが発行できる確率が減ってくるのです。

「それでは身内に自己破産した人がいる場合はカードは作れないのか、、、」と思ってしまう方もいるかもしれませんがそうでもありません。今のカード会社ではネットで申し込みができるものがほとんどです、中には家族の経済状況を書かなくてもいいものもあり、個人の経済レベルに合わせて作れるカードもございます。

それでも家族の影響があるのでは無いかと考える人はキャッシング枠を0円にしておけばカード発行の可能性が高くなります。なのでそういった心配を抱えている人はネットでの申し込みをするのがいいかもしれません。

特にACマスターカードは個人収入での申し込みになるので審査が不安な場合でも、通過率が高いです。いざ必要な時に、便利な一枚ですので、申込んでみることをおすすめいたします。

国税等を滞納しているとクレジットカードは作れない?

国民健康保険や国民年金等の国税を滞納しているとクレジットカードが作れないと思っている方、答えは実際のところ「NO」です。国税の滞納はクレジットカード審査には影響を与えません。

もし、クレジットカード審査に落ちたときの理由を「国税を滞納してたからだ、、、」と考えてしまっていた方は他に本当の理由がありますので こちらを参考に探してみてください。

しかし、国税の滞納が影響を与えないといっても一つだけ注意しなければならないポイントがあります。
それが最近の自治体などで行われているクレジットカードを使っての税金の支払いです。これに関してはあたりまえですが、滞納してしまいますと個人信用情報機関に異動情報(事故情報)として記録されてしまいます。これをやってしまうと、5年間滞納情報として記録されてしまうので後のクレジットカード審査に響くので気をつけて下さい。

なので最悪の事態を考えてクレジットカードの支払いではなくコンビニでの支払いにするのをオススメします。こちらなら誤って滞納してもクレジットカードの審査には影響はでませんからね。

審査の甘いクレジットカードの気をつけるべきポイント

「クレジットカードが持ちたい!」と意気揚々と審査の甘いクレジットカードを作る際に気をつけたいポイントが3つあります。クレジットを作るときには当たり前になってくる情報ですが、改めて確認するのも大事なものです。

まず、1つめに、年会費無料という言葉に踊らされてはいけません!この年会費無料には罠があるものがあります。それは、下の方に小さく「初年度のみ」と書いてある事があるのです。

審査が甘いとカードを作って次年度から年会費1000円なんて事になってしまっては少し損をした気分になってしまいます。なのでカードを作る際には年会費が永久に無料なのか確認しましょう!

次に2つめ、審査が甘いからとクレジットカードを作り過ぎない!次々とカードを作ってしまいどれで幾ら使ったかわからなくなり支払いの日に痛いめにあってしまう・また、カードが管理できなくなって失くしてしまい不正にカードを使われてしまう等のトラブルにも繋がってしまいます。なのでカードは作りすぎずに信頼できる一枚を持ちましょう!

最後に3つめ、キャッシング枠を容易に使いすぎない!キャッシング機能を付けて使いすぎ、キャッシング地獄に落ちる方も少なくありません!なので心配な方は契約の際キャッシング機能を付けない様にしましょう。自分は大丈夫と高を括っているとあとで最悪の結末を迎えてしまうかもしれません…………

改めてご覧になって如何でしたでしょうか?「そんなの知ってるよ!」なんて方が殆どだとは思いますが確認のため、備えあれば憂い無しです!!

ブラックでもクレジットカードは作れる?

ブラックリストに載っているのにクレジットカードを作るというのは、一件無理なようにも聞こえますが、ブラックでもクレジットカードを作ることはできます。しかしブラックと言ってもどのような状態であっても作れるというわけではありません。いったいどのような状態であったらクレジットカードを作れるのでしょうか?

あなたが過去に金融業者からお金を借りたり、クレジットカードを利用したり、ローンを利用した場合は必ず個人信用情報機関(CIC、JICC)というところにどれだけの金額を借りて、どのように返済を行ったかが記録されています。

この情報を元にクレジットカード会社等は審査を行います。

この時にCICやJICCの情報に異動と載ってしまうといわゆるブラックリストに載ったことになってしまいます。(注:この異動というのは返済期限から61日以上経過した場合に記載されてしまいます。)

さてこの異動という表記は消すことができます。その方法は、

  • ①払っていないお金を全て完済する
  • ②司法書士か弁護士を通じて債務整理する
この2つを行った上でそこから5年が経過すれば個人信用情報機関(CIC、JICC)から異動の表記が消えます。

これを行えばブラックリストに載っていてもクレジットカードを作ることができる状態になります。(注:しかし全銀協(KSC)だけは返済から10年が経たないと異動の表記は消えません。)

しかし、この滞納金の完済と司法書士または弁護士を通じて債務整理を行うというのは最低条件ですのでクレジットカードが必ず作れるわけではありません。しかし、この条件を満たしたことでクレジットカードを作れるチャンスができました。ですが、銀行系のカードは異動の表記が10年で消えるKSCの情報を見ているので作ることは難しいでしょう、お勧めもできません。

ここでオススメできるのは「アコムACマスターカード」と「アメリカンエキスプレス」です。この2つの特徴としては異動という記載がされていてもちゃんと前に話した2つを行っていれば「現在の支払い能力」を重視してみているカードなので作りやすいです。

またこのカードを手に入れれば、使用することで過去の記録が後ろに行き新しい情報が前に来るのでクレジットヒストリー(クレヒス)を回復することができます。クレヒス回復対策として持っておくのも良いでしょう。

失業していてもカード審査を通ることはできるのか?

実際、「失業しているとカードが申し込みできないのか?」と聞かれると「カード会社に申し込む事はできますが審査が通る可能性は極めて低い」というのが大体の方の答えだと思います。でも裏を返せば審査に通る可能性もあるということです。ではいったいどんなときに審査が通る可能性があるのでしょうか?

1つめは、「自分以外の配偶者が安定した収入がある」というケースです。この場合、配偶者の世帯収入を申し込み書に記載すれば支払いの能力があると判断されてカードを発行できる可能性があります。

また配偶者に安定した収入がある場合は「家族カード」で申し込むという方法もあります。

2つめは、「失業中ではあるが実家に住み、インターネットを介して物の売買をし安定した収入を得ている自営業をやっている」方です。この場合は、個人事業主と同じように申し込みをすることでカードの発行ができる可能性があります。

では本当にクレジットカードの発行が難しい失業者とはいったいどの様な方なのでしょうか?それは「実家以外の住居に住み、配偶者がいない方」です。学生である場合は学生専用カードを申し込めば個人信用情報機関にネガティブな情報がなければクレジットカードが発行される可能性は高いでしょう。

学生でない場合は、いくら貯金があって支払いの能力はあっても、カード会社からすれば「信憑性の無い情報」ですので失業していればクレジットカードの発行は難しいです。

ただこのようなケースでもクレジットカードを発行してくれる会社はあります。何処なら大丈夫とは言うことはできませんが………なので失業中の方のクレジットカード申し込みの際の記入の方法をここでは説明したいと思います。

職業選択欄

職業選択欄では「その他」または「非就業」の項目を選択し勤務先には「無職」と記入しましょう。ここでは、決して無職の2文字に抵抗があるからといって前職の職業を書いては行けません。それが虚偽の情報と解ってしまうと信用を失うことに繋がりますからここは正直書きましょう。

収入欄

収入については各クレジットカード会社で異なり、次の2パターンが主流です。まず1つ、元勤務先で受け取っていた去年の収入を記載する。2つめは、今。現在の年収(推定)を記入する。これはどのカード会社がどちらの制度を取っているのかまでの判断は個人では無理なので、カード会社のカスタマーサービスなどに聞いてください。

ここで、カード会社などに確認せずに失業中にも関わらず「去年の年収」を書いてしまうと虚偽の情報となってしまうパターンもあるので注意して下さい。

キャッシング枠

キャッシング枠は当たり前ですが0円にして下さい。失業中の方でキャッシング枠を付けると始めから不利な状態であるのにさらに審査を通る可能性がさらに低くなります。なので、いくらキャッシング枠を付けたいと思ってもここは我慢して下さい。

失業中にクレジットカードを作るということ

ここまで見てきて如何でしたでしょうか?やはり失業中のクレジットカード発行はとても厳しいです。しかし、絶対に作れないというわけではありません。発行できるクレジット会社は確かにあります!申し込みの際は、虚偽の情報は書かず素直に書くこと、解らなければカスタマーサポートに聞くこれが重要です。

日雇い労働者でもクレジットカードは作れるのか?

最近ではフリーターの方で日払い労働で働く人たちが増えてきました。
その様な事もあり、「日雇い労働でもクレジットカードの審査を通る事ができるのか?」という質問をよく見かけます。

これに関してはクレジットカード会社では「日雇い労働者にクレジットカードは発行しない」とは定義されていないのでクレジットカード発行は可能です。

しかし、日雇い労働者(コンサートの警備、建設業、水商売、ビラ配 り)など、これらのような日雇いのバイトでも収入を得ているという事実はございますが、クレジットカード会社の見方としては、月に決まった時間・日数で働くパートタイマーやアルバイト・派遣社員や正社員の方よりは属性が低く、審査が通りにくいのは確かなのでここはしっかりと理解して下さい。

ごく稀ではありますが、クレジットの審査の際に、日雇い労働者であるのに「雇用形態」の欄に正社員と記入してしまう事がありますが、これが嘘の情報だとクレジット会社が分かってしまった場合、それだけで審査に落ちてしまう事もあるので嘘の情報を記入する事はやめた方が良いでしょう。

そして、クレジットカード審査を通り易くなる方法として「キャッシング枠」を0円にする方法があります。キャッシング枠は賃金業法の総量規制という法律で年収の1/3以下と定められています。なので年収が低いのにキャッシング枠を付けていたりするとそれだけで審査に落ちるという事がありますので、日雇い労働者の方はこの「キャッシング枠」を0円にする事をおすすめします。

最後に、上記に事を理解して申し込めばクレジットカード発行の審査を通る可能性を高める事ができます。日雇い労働者といってクレジットカードを作れない訳でないので安心して下さい。

【審査対策】クレジットカード審査の知恵袋

【審査対策】クレジットカード審査の知恵袋

クレジットカードの審査条件・審査基準はカード会社や、企業によって差異があります。与信やクレジットカード利用歴が無くても使えるカードもあれば、そうでないものも。しかしながら、審査が甘いとか、審査に通りやすいクレジットカード会社を探すという観点で申込み先を探すのは避けた方が良いでしょう。

そもそも、審査なし、審査が甘いクレジットカードというのは無いのです。

審査が甘い・審査に通りやすいクレジットカードという情報が、WEBに掲載されているケースがございますが…

申込受付後、カード会社は、信用保証協会の方で申込者の与信、クレジットヒストリーを確認します。その上で、クレジットカードの審査では、各企業ごとの審査基準を満たしているかをチェックされ、通過すればカード発行となりますので、保証協会の基準を満たしていない場合にはどのカード会社に申込みされても、審査に通る事はありません。

まれに、「審査が甘いカード」の情報を公開しているウェブサイトがございますが、そのような事はありませんので、くれぐれもご注意ください。

ただ、私といたしましては、多くの方のカード発行の現場に携わっていた経験から、転職したばかり、アルバイト・フリーターさんやパートタイマー、個人事業主や自営業の皆さんや学生さんなど、クレジットカードの利用経験がなく、審査に不安な方におすすめなのがACマスターカードです。

通常、クレカの発行にあたって審査が2週間かかる所、審査だけでも3秒で結果が見れるようになっているので、まずは、こちらから審査をしてみることをおすすめします。

ちょっとした急な入り用も、上限300万円の利用枠の中で利用可能なマスターカードが即日発行可能です。海外旅行や急な海外出張や、光熱費・携帯電話の支払いもすぐに対応でき、翌月の入金でOKなので安心できますね。

個人事業主・自営業の方も勿論、事業経費の支払いもしやすくなりますから、オススメです。

クレジットカード審査対策情報について。

クレジットカード審査の仕組み・コツ・スコアリング・審査項目に関する正確な情報はカード会社でも一部の限られた人しか握っておりません。あくまでも、こちらのページに投稿頂いている知恵袋は、管理人の調査結果、及びサイトのユーザーさまから寄せられた体験談をもとに掲載しておりますので、ご了承ください。

Page Top